本気で結婚をお考えのあなたに、最良のパートナーをご紹介します

中国国際結婚相談所 ブライダル蘭

                    出会いから始まる充実した実りある結婚を応援します!

独自のサービスで婚活サポート

中国国際結婚の無料相談 実施中

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6356-4038

営業時間:10:00~20:00/定休日:水曜日

国際結婚の手続き

「国際結婚の手続き」についてご案内します。

1. 日本国内で婚姻手続きをする場合

婚姻手続きは、日本国内または中国国内のどちらでも行えます。

 日本国内で婚姻手続きした場合、中国でも有効な結婚と認められ、中国で婚姻登記を行う必要はがありませんが、
中国女性の戸籍簿(居民戸口薄)の婚姻状況の欄を「既婚」に変更する手続きを行う必要があります。それをしないと中国では未婚のままになってしまいます。

戸籍簿(居民戸口薄)の婚姻状況欄を「既婚」に変更する方法

 日本国内の市区町村役場で婚姻届を提出して、日本国内で結婚したという証明(婚姻受理証明)を日本で婚姻届を提出した市区町村役場から入手し、外務省(東京又は大阪)及び在日本中国大使館(又は総領事館)でそれぞれ認証を得た(婚姻受理証明)に中国語への翻訳文をつけ、、花嫁の戸籍所在地の派出所(公安警察署)に提出します。

必要書類

日本男性が用意するもの
①婚姻届
②戸籍謄本

中国女性が用意するもの
①婚姻要件具備証明書(独身証明書) ※駐日中国大使館(又は総領事館)発行のもの
上記の日本語翻訳文(翻訳者の住所及び署名押印入り)
②旅券(パスポート)
③在留カード

※市区町村役場によっては必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をお願いします。

※中国女性が短期滞在(親族訪問・短期商用)で日本に入国した時は駐日中国大使館では、婚姻要件具備証明書は
発行しないようです。

※中国で結婚したことがあり、離婚・死別している場合
「離婚公証書」または「離婚調停書」、「死亡公証書」
上記の日本語翻訳文(翻訳者の住所及び署名押印入り)

※日本で結婚したことがあり、離婚・死別している場合
離婚は「婚姻届受理証明書」、死亡は「死亡届受理証明書」

ステップ1 駐日中国大使館(又は総領事館)で手続き
ステップ2 日本国内の市区町村役場で婚姻届
ステップ3 市区町村役場発行の婚姻受理証明を日本の外務省(東京又は大阪)及び駐日中国大使館(又は総領事館)で認証ステップ4 中国の花嫁の戸籍所在地の派出所(公安)で花嫁の戸籍簿(居民戸口薄)の婚姻状況の欄を「既婚」に手続き
ステップ5 入国管理局で花嫁の在留資格(日本人の配偶者ビザ)申請


2. 中国国内で婚姻手続きをする場合

日本人と中国人の方が結婚する場合に、最も多い方法です。

 中国で先に結婚手続きを行う場合、日本男性と中国女性が2人一緒に必要書類を持って、中国女性の方が居住している場所ではなく、中国女性の戸籍所在地がある場所を管轄する「婚姻登記処」という役所に結婚を登記する手続きを行い、「結婚証」を受領します。中国で先に結婚した場合、結婚証を取得したときに正式に結婚したことになります。
実物の結婚証は表紙が赤く、小さい手帳くらいの大きさで夫婦が写っている顔写真が貼ってあるものになります。

必要書類

【日本男性が用意するもの】
①婚姻要件具備証明書 ※日本外務省と中国大使館の認証が必要
日本の法務局が発行した「婚姻要件具備証明書(独身証明書」が必要です。この書類は、日本の「外務省の認証」と
日本にある「中国大使館の認証」が必要となります。また、認証した婚姻要件具備証明書の中国語の翻訳が必要です。法務局、外務省、中国大使館(又は総領事館)、翻訳会社と4つにコンタクトを取る必要があり、思ったより時間がかかる場合がありますので、中国渡航前に事前に計画を立てて準備しておく必要があります。
※婚姻要件具備証明書は、中国の日本大使館でも取得できます。この場合は、翻訳や認証は不要です。

②旅券(パスポート)
③戸籍謄本(離婚歴がある場合は、除籍謄本を求められる場合があります。)
上記の中国語翻訳文(翻訳者の住所及び署名押印入り)

【中国女性が用意するもの】
①居民戸口薄
②居民身分証
③旅券(パスポート)

上記必要書類については、婚姻登記処によって異なることがあるため、事前に確認をお願いします。

日本男性が帰国後、市区町村役場に婚姻届をする場合に必要な書類

必要書類

①婚姻届(日本男性1人で書いても大丈夫です)
②結婚証(中国の婚姻登記処で受領したもの)
③結婚公証書
④出生公証書(配偶者のもの)
⑤離婚公証書(配偶者が離婚経験がある場合)

※上記②、③、④、⑤は中国の公証局で入手できます。各公証書は日本語翻訳文が必要です。

※3カ月以内に市区町村に提出します。各市区町村役場によっては必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をお願いします。その後、市区町村役場にて外国人登録を行えば、外国人登録カードが配布されます。

ステップ1 法務局で婚姻要件具備証明書を申請
ステップ2 外務省(東京又は大阪)で法務局発行の婚姻要件具備証明書の認証
ステップ3 日本の中国大使館(又は総領事館)で外務省認証の婚姻要件具備証明書の認証
ステップ4 市区町村役場で戸籍謄本を入手
ステップ5 中国の婚姻登記処で結婚登記手続き
ステップ6 市区町村役場で婚姻届を提出
ステップ7 入国管理局で花嫁の在留資格(日本人の配偶者ビザ)申請

  • 1
    法務局

日本男性の方の婚姻要件具備証明書(独身証明書)を申請します。基本は即日発行されます。
中国の日本大使館(又は総領事館)でも作成することが可能です。

  • 2
    外務省

法務局で取得しました婚姻要件具備証明書を外務省(東京又は大阪)で認証します。

  • 3
    中華人民共和国駐日本国大使館

外務省から認証してもらった婚姻証明具備証明書を駐日中大使館(又は総領事館)で認証します。

  • 4

    在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所

大連市民生局渉外婚姻登記弁事処で婚姻手続きをします。
在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所で婚姻手続きの事項を確認することができます。

  • 5
    入国管理局

入国管理局で必要書類を提出して在留資格認定証明書を取得します。在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所の代理機関でこちらの証明書と花嫁の必要書類を提出して来日のビザを取得します。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せ・ご相談はこちら

中国国際結婚をお考えの方、中国国際結婚相談所をお探しの方は、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-6356-4038

【営業時間】10:00~20:00【定休日】水曜日
【対応エリア】日本全国
※外出時・水曜定休・時間外は携帯電話に転送されます。
フォームからのお問合せは24時間受付中です。